NEWS

ボディーコーティング

最新のコーティング技術で新車の輝きを取り戻します。

http://www.o-rush.com/about/service/body_coating.html 最近車雑誌や整備取扱店などで耳にするボディガラスコーティング。 これまでのボディコーティングとどう違うの?本当に効果があるの?など疑問に思う方も多いと思います。 オーラッシュでは新しいコーティング『ボディガラスコーティング』を採用し、従来の光沢に加え、高い撥水性、長期間に渡る効果を発揮させる事が可能になりました。

ボディガラスコーティングとは

従来ボディコーティングは、車体の塗装面に皮膜を作り、塗装膜の保護やつや出しに効果を出す事を目的に行われていました。 しかし、これまでのコーティング剤やワックスでは、皮膜が高温になるとコーティング層に汚れが浸透するため、水洗いではなかなか汚れが落ちない、また効果を長期間持続できないなどの問題点がありました。 新世代のガラスコーティングでは、自動車のボディ向けに開発した特殊なガラスの皮膜により、 ・大きな温度差にも対応する耐熱性 ・酸性雨などからボディを守る撥水性 ・長期に渡り効果を持続する耐久性 を手に入れました。 また、反応型ガラス系被膜により樹脂系コーティング剤にはない、ボディの美しさを際立たせる深いツヤを実現しました。 簡単なお手入れでいつまでもお車を美しく保つボディガラスコーティングを、オーラッシュは是非お勧めいたします。

ボディガラスコーティングの特徴

新世代のボディガラスコーティングは、以下のとおり8つの大きな特徴があります。 1. 耐候性  紫外線、酸性雨など、環境の悪影響からボディを守ります。 2. 防汚性  汚れが固着しないので水洗いで簡単に落ちます。 3. 接着性  塗装と強く密着し長期間コーティング性能をキープします。 4. 耐熱性  高温による軟化が起こらず、汚れの抱き込みを防止します。 5. 耐薬品性 排気ガスなどに含まれる有害成分による塗装の劣化を防止します。 6. 硬質   強く固い皮膜がチリ・ホコリなどによるキズを防止します。 7. 光沢   ガラス状皮膜ならではのきらめくように美しい輝きを演出します。 8. ツヤ   厚く透明な皮膜で深く質感のある艶を実現します。

ボディガラスコーティングの作業工程

1.洗車 見えないところまで丁寧に汚れを洗い落とします。 2.鉄粉除去 ボディには鉄粉が無数に付着しているため、トラップ粘土をつかって除去します。 3.タイヤホイール タイヤのホイールも隙間の中まで手作業で綺麗にします。 4.マスキング 余計な部分を磨かないように、ガラスやゴムの部分などにマスキングを行います。 5. 下地処理 コンパウンドを使って表面をフラットに仕上げます。熟練の技術を必要とする作業です。 6.脱脂処理 塗装面の油脂を完全に取り除きます。 7.コーティング剤塗布 乾燥後、専用のクロスを使って拭き上げ及び磨き上げを行います。 8.拭き上げ?完成 一定時間乾燥後、専用のクロスを使って拭き上げ及び磨き上げを行い完成です。

FAQ ー よくあるお問い合わせ

FAQ ー よくあるお問い合わせ Q. 日頃のお手入れは? A. 最低1ヶ月に1回を目安に専用のシャンプーを使った洗車、または水洗い洗車を行えば十分です。 鳥のフンや樹液など強い酸性のものが付いた場合、被膜に悪影響を及ぼす場合がありますので、すぐに洗い落としてください。 またボディが熱くなっている時の洗車は避けてください。 Q. 洗車機を使ってもいい? A. コーティング施工後約1ヶ月すると被膜が完全に硬化しますので、その後は自動洗車機もご利用いただけます。なお、洗車時はノーブラシ洗車機を使用ください。 また、ワックスコースはコーティングの性能を損なうおそれがありますので、選択しないでください。 Q. 中古車に施工しても効果はありますか? A. もちろん大きな効果が見込めます。旧塗膜の水垢、鉄粉などを除去し、ボディガラスコーティングを施せば、新車以上の輝きを取り戻します。 ボディの保護のためにも是非ボディガラスコーティングをお試しください。

▼ ボディコーティングのご相談、お申し込みはこちらへ

お問い合わせ入力フォーム  お車の状態を入力いただくとすぐにご返事いたします  店舗案内  店舗までお気軽にお電話またはご来店いただきお問い合わせください 

他店にてお買い上げのお車もお気軽にお持ち下さい。

オーラッシュでは他店にてお買い上げされたお車も、同様にお取り扱いさせていただきます。 一般的な輸入車ブランドはもちろん、普段からフェラーリやベントレーなどプレミアムブランドまで幅広く取り扱っておりますので、ハイクオリティな技術と設備をもってお客様のお車をお取り扱いさせていただきます。 もちろん国産車もお取り扱いしておりますので、お車の調子が普段とは違う、オイル交換をしたい、車検の時期がきたなど、オーラッシュの近隣にお住まいの方はお気軽にお問い合わせください。 【サービス工場の店舗一覧】

都会の空気は汚れがいっぱい! 新車の頃の耀きを取り戻すボディーコーティングを是非お試しください!

ポリマーコーティング 半年に一度、ポリッシャーという研磨機によりボディに残っている古いWAXや水あか、細かな擦り傷などを取り除き、塗装を鏡面加工致します。最後に耐久性抜群のプロ用塗装保護コーティングを施工します。輝きや耐久性はもちろん、酸性雨、潮風、直射日光、排気ガスなどからボディを保護します。 【作業時間】1日(要予約) 【料金】¥25,000 ? エシュロンコーティング 年に一度、ポリマーコーティングの作業と同様の流れを行いますが、最後に行うコーティングが大きく異なります。エシュロン社製ガラスコーティングを使用することで、ボディにガラス皮膜を形成いたします。塗装面にとって最良の状態を得るために考え抜かれた、接触角30度以下に弱親水皮膜により、汚れの付着を防ぎ、付着した汚れも容易に除去できます。ポリマーコーティングと比較しても、長期的に輝きを保ち、ボディを保護します。 【作業時間】1日?2日(要予約) 【料金】¥60,000 ?

ボディーコーティングの流れ

手洗い洗車 専用クロスを使い、キメの細かい泡で優しく手洗いします。 タイヤ・ホイールも丁寧に手洗いします。 同時に、ボディのキズや塗装面の状態をパネルごとに確認し、使用する液剤や工具、バフの種類を選定し、作業イメージを描きます。 鉄粉除去 手洗い洗車後、専用トラップ粘土を使い、塗装面の鉄粉を除去します。ザラザラ感が無くなり、ツルツルのボディに。 これでコーティングの効果が向上します。 鉄粉が付着する要因… 自動車のブレーキパッド、電車の高架下など マスキング しっかりと水分を拭きとった後、メッキパーツやゴムモール、ガラスなど、ポリッシングの際に機械が触れると傷が付いてしまう箇所をマスキングテープで保護しておきます。 ポリッシング お客様のお車の状態に合わせて、ポリッシャーやバフ、コンパウンドを駆使して磨きあげます。これを鏡面加工といいます。機械では磨けない細かい箇所には手作業で磨きます。この作業を施すことで肉眼で見えていた光の屈折により見えるキズは見えなくなります。 コーティング 作業環境(気温や湿度)を整えてからコーティング作業を行います。 拭き取り&最終チェック 乾燥させてコーティング剤を丁寧に拭き取り厳しいチェックを行って完成です。

ポリマー加工 内容を見る前に・・・

http://drecarw.com/polymer.html 「車をキレイにする」 この依頼を上手にお願い出来ますか? 多分皆さん何となくお願いしていませんか。 上手にお願いを出来るという事は「キレイにしたい」という気持ちを、相手にしっかりと伝えるという事です。 大切な愛車だから、本当は他人に委ねたくはない・・・ しかし、どうやってキレイにして良いか、分からない・・・ 自信がない・・・時間がない・・・ ならばせめて上手にお願いするべきです。 上手にお願いして思い通りの仕上がりを手にしましょう。 皆様からの心からの上手なお願いをお待ちしております。

ポリマー加工の利点

ポリマー加工の利点は数多くございます。結局は車がキレイになるんです! 女性がキレイになって多くの利点、自信が得られる様に、車も、それはそれは多くの利点を得るのです。 それを理屈立てるよりも、ニュアンスで伝わればそれで十分です。

ポリマー加工の施工時期

ベストな塗装を長い間維持し守るためには、少しでも早い段階でコーティング加工することが大切です。 是非お早めに施工する事をお奨め致します!! 早々の時期をオススメする理由の一つとして劣化という問題があります。その劣化を防ぐ手段にもなりますので「最近洗っても汚い」 「洗いたいんだけど時間がとれない」と思う事があればそれは施工時期ではないでしょうか。

ポリマー加工の手順

1.現車確認 今の車両の状態をしっかりと把握します。 きちんと今を理解する事が思いやりのある作品への第一歩となります。 2.洗車 キズの原因となる大小の埃・塵などを高圧洗浄でさっぱりと洗い流します。 専用シャンプーと専用液剤を用い足回りから十分なソフト泡と水で洗います。 この時点でホイルはピッカピカです。 3.除去 車に明らかに必要のない塗装面に付着した鉄粉、ペンキミストなどをトラップ粘土等でとりのぞきます。 4.養生 マスキングテープによりガラス、各ゴム、モール類を保護します。 5.再確認 車に必要の無い汚れを除去すると本来のキズ、汚れが浮き彫りになります。 この状態で初めて車のダメージを具体的に判断することが出来ます。判断の方法は施工者によって様々ですが、ライズマンはキズに名前を付けていきます。(例、マリリン、ウィリアム、キャサリン、マイケル、因みに一番強烈な奴は裕次郎です。刃牙参照) そしてそれに対抗する勢力(バフ、コンパウンド、そしてポリッシャー)を選びます。これを違えると無駄な時間を要し、または消えない、消せないという事になります。 6.磨き 自分を信じてひたすら磨きます。この時ばかりはスラムダンクの流川楓に変貌します。 (何人たりともオレの磨き妨げる奴は許さん)見た目は程遠いですけど・・ その中で塗装の状態を判断し、ポリッシャーで超微粒研磨剤を用いて塗装の小キズやツヤボケした塗装面を新車時の塗装状態に近付けます。これを鏡面仕上げといいますが、この仕上がりこそがこれまでの集大成であり、結果であり、つまりは全てです。 7.コーティング 鏡面仕上げした塗装面を保護する工程となり、大きなくくりでいえば最終工程となります。このコーティング(塗装保護)が終了すれば、新車はいつまでもその新車以上の輝きを保ち、経年車両は眩く生まれ変わるのです。確実に感動を呼び、悦んでその車両を迎え入れる方をたくさん見てきました。その時の笑顔が、喜びの一言がライズマンの励みです!! コーティングにはお金で買えない価値がある。プライスレス!!